中村工務店

大阪 高槻市 中古住宅 リフォームするなら直接施工の中村工務店へ

お問い合わせ
072-628-7375 受付:9時~19時 日曜定休 072-628-7375 受付:9時~19時 日曜定休

耐震診断・耐震補強

耐震診断

お宅の建物の耐震性は大丈夫ですか?
このようなお悩みの方から耐震診断を受けています。

  • 築年数も古く大地震に自宅が持ちこたえれるのか心配
  • 瓦屋根が重いので、つぶれないだろうか
  • 増築や大がかりなリフォームをしているために不安
  • 中古住宅を購入したいが、耐震性があるのかないのか分からない

この先も安心して住み続けられるかどうか一度耐震診断をご利用ください。

お住まいの自治体によっては、耐震診断や補強工事に補助金が出るケースもございます。
自治体の目安として、旧耐震基準の年代(昭和56年5月31日以前)を基準としている場合が多いです。

詳細はこちら

弊社の耐震診断について

建築基準法の移り変わりとともに、建物の基準が大きく変わっています
特に旧耐震基準の木造住宅(昭和56年5月31日以前)については耐震性が劣るために補強工事が必要です。

中村工務店の耐震診断は、非破壊(壁や床を壊したりはしない)での診断となります。
図面を信用して、そのとおりに診断することは致しません。

なぜなら、図面と違っているケースが意外と多いのです。 自分の目で現状の基礎や壁、間取りがどうなっているかをきちんと調べます。

また、床下・小屋裏にもぐり、図面や屋内調査では把握できない壁内の状況も確認します。得られる情報量を増やし、より正確な診断となるよう心がけ、専用プログラムにより解析、診断結果を数値で提示します。

  • 耐震診断は、木造の戸建、アパートのみ行っております。
  • その他、鉄骨造、RC(鉄筋リート)造などは診断・補強共に対応範囲外とさせていただいております。

耐震解析について

耐震解析は、様々な要素を現場で確認し数値化します。
最終的に各階に評点(評価)を出し判定します。

4段階判定

  • ◎倒壊しない
  • ○一応倒壊しない
  • △倒壊する恐れがある
  • ×倒壊する可能性が高い

上記の耐震診断の計算は、耐震ソフトに入力すれば自動的に出てくるためにバラつきはありませんが、 現場調査は調査する人の能力、見方により違ってきます

中村工務店ではこの「バラツキがないように」を重視して耐震診断を行っています。

主な診断内容

屋外調査

  • 1周辺状況確認、ブロック塀の傾きやひび割れがないか等 
  • 2外壁の材質・劣化の確認、ひび割れがないか等 
  • 3屋根の材質、劣化の確認 
  • 4基礎のひび割れ、鉄筋の有無確認)

屋内調査

  • 1間取り確認、図面作成
  • 2床壁天井等の材質確認、劣化の有無 
  • 3建物の傾き測定

小屋裏調査

  • 1小屋組み、横架材などの確認
  • 2筋交いの確認
  • 3羽子板ボルトなど金物確認
  • 4雨漏り確認
  • 5内壁、外壁の材質確認

床下調査

  • 1床組など構造確認
  • 2筋交いの寸法、方向、接合部の金物など確認
  • 3基礎にひび割れがないか確認
  • 4土台アンカーボルトの接合状況
  • 5漏水、シロアリなど劣化確認

中村工務店の安心ポイント

その1

診断当日は、第三者的な立場での診断を重視し耐震診断のプロとしてきちんと診断させていただきます。
また、積極的に補強工事の営業を行うことはありません。ご安心ください。

その2

診断当日はおお客様にも立ち会って頂き、説明が必要な箇所を見てもらい説明します。
その際、不安や恐怖を煽るような説明はしません。ご安心ください。

その3

建てた年月日によって建物の基準が違うので、診断結果が悪いのは当たり前の話であることをきちんとご説明します
※床下や小屋裏などご覧いただけない箇所に関しては、写真を撮っておき、後日報告書ご説明の時に、ご提示しお話させていただきます。

後日、診断結果をまとめた耐震診断書を提出し診断内容の根拠など詳しいご説明も致します。

補強工事のご希望がございましたら、診断結果をもとに費用対効果の最も高い内容でご提案いたします。お気軽にご相談ください。

診断にかかる時間

家全体をチェックいたしますので、2~3時間ほどお時間をいただきます。

診断費用

1回
50,000円(税抜)

診断は1回50,000円(税抜)で行っています。
市の補助金を利用できる場合は利用していただいています。
※ただし、市単位で違いますが、昭和56年5月31日以前に確認申請受けたものが対象になります。

参考までに、高槻市の場合は45,000円が補助されます。

注意事項

昔の確認申請図面が残っていれば耐震診断チェックの参考に使用しますので事前にご用意ください。
他にも以前されたリフォーム図面や、住宅購入するときの不動産案内図面でも結構です。

当日は全ての部屋を見させていただきます。ご対応をよろしくお願い致します。
特に床下・小屋裏を調査するため、床下収納庫の物を事前に移動し、和室押入れに点検口があれば中の荷物を出していただく必要がございます。

耐震診断のお申し込みについて

完全予約制となっています。
お問い合わせフォームまたはお電話でご予約ください。
急なお申し込みには対応できない場合もございます。
可能であれば2週間前までに診断の空き状況を確認してください。

電話:072-628-7375 072-628-7375(受付:9時~19時 日曜定休)
メールフォーム

補助金を利用されない場合は、診断前にお伺いしご契約書作成と耐震診断の日程調整を致します。

補助金をご利用の方は、先に市役所での申請、受理されてからの診断になります。
申請期間~交付決定までに約2週間かかりますので、全体では3週間程余裕を持たれたほうが良いです。

なお、市役所への申請はお客様にお願いしておりますが、代理申請も別途費用で対応しています。

耐震補強工事

弊社の耐震補強工事について

築年数及び現況に応じた形で、家のバランスを重視した補強計画をたてます
またリフォーム工事をする場所がすでに決まっている時は、その範囲内でできる補強をまず考えていきます。
ただし、バランスが悪くなる場合はご相談させていただきます。

できるだけ低予算でかつ効果の高い計画を念頭においています。
耐震工事でよくありがちな強度の値を上げるためだけの計画はしません

あまり知られていませんが、耐震ソフトが優秀なために誰でもそれなりの資料が提示できるようになっています。 そのために、診断者によって数値がまちまちで、補強計画も現実的でない場合が多々あります。

中村工務店では、第三者の立場で行う耐震診断業務も承っています。
その為、現状をしっかりと調査・把握し、お客様の現状に応じた補強工事を提案
しています。

耐震補強工事完了までの流れ

問合せ→ヒアリング※補助金の有無確認→耐震診断ご契約→診断→診断結果・補強計画→補強工事ご契約→ご近所挨拶→工事→竣工確認→お引渡し→アフターフォロー

詳細はこちら

補助金について

お住まいの自治体によっては、耐震診断や補強工事に補助金が出るケースもございます。
自治体の目安として、旧耐震基準の年代(昭和56年5月31日以前)を基準としている場合が多いです。

補助金の額や申請方法などは、市ごとに違いますので、ホームページなどの記載を確かめたり市役所にお問い合わせください。

改修工事の補助金までの申請方法:高槻市の場合

改修工事の補助金を受ける場合はこの流れで進みます。

1耐震診断補助金(45,000円)
※市への申込みは診断前に行います。
  • 市に申込み
  • 【約1~2週間】交付決定
  • 診断実施
  • 報告書・説明
  • 市に完了報告
  • 補助金入金
2耐震改修設計補助金(10万円)
※流れは診断と一緒ですが、交付決定に1ヶ月近くかかります。
※市への申込みは診断前に行います。
  • 市に申込み
  • 【約1ヶ月】交付決定
  • 診断実施
  • 報告書・説明
  • 市に完了報告
  • 補助金入金
3耐震改修工事補助金(70万円)
※設計審査が通っていることが必要です。
※市への申込みは改修工事前に行います。
  • 市に申込み
  • 【約1~2週間】交付決定
  • 改修工事実施
  • 中間検査
  • 市に完了報告
  • 補助金入金

最後に

耐震診断を無料で行う業者もあるようですが、しっかりと診断すると、とうてい無料で出来る作業内容ではございません。 耐震診断の実績が多数ある中村工務店では、調査に2~3時間、診断書作成に半日をかけ、第三者の立場でしっかりとあなたのお住いを耐震診断致します。

参考資料:財団法人日本建築防災協会のパンフレット

お電話はこちら:072-628-7375 メールフォームお問い合わせはこちら
ページトップへ