中村工務店

大阪 高槻市 中古住宅 リフォームするなら直接施工の中村工務店へ

お問い合わせ
072-628-7375 受付:9時~19時 日曜定休 072-628-7375 受付:9時~19時 日曜定休

リフォーム・リノベーション

中村工務店ではどちらも承っています。

リフォーム詳細
リノベーション詳細

リフォームとリノベーション どう違うの?

リフォームとリノベーションの違い図

リフォームとは

一般的に「リフォーム」とは、古くなった建物を新築の状態に戻すことを言います。
設備や内装が老朽化してお悩みの方からご相談を受けます。賃貸アパートでは、退去時に住む前の状態に戻すことを原状回復などと呼びますが、いわゆるそういう事です。

例えば、壁のクロスを変更したい、キッチンをシステムキッチンに変更したいなどはリフォーム工事で施工が可能です。

リノベーションとは

一方、「リノベーション」とは、古くなった建物を大規模に改修し、新築時以上に価値を高めることを言います。リフォームが「マイナスの状態からゼロの状態に戻すための回復」という意味合いに対して、 リノベーションは「プラスαで、新たな機能やデザイン性の高いものに価値を向上させる事」を意味します。

例えば、間取りを変更してLDK(居間・食事スペース・台所)を1つにする、断熱性能を高めて省エネ住宅にすることもリノベーションに該当します。

弊社のリフォーム・リノベーション工事の特徴

1作業中の清潔・整理整頓・清掃を徹底しています
工事中の養生(傷がつかないように、ホコリが他の部屋にいかないように)や整理整頓には特に気を付けています。
お客様や近隣の方に不快感をあたえるような状態には致しません。
また事故防止対策としてどの現場でも徹底しています。
足元が片付いた、きれいな現場から良い仕事が生まれることを常に意識しています。
2近隣の方へのマナーを大事にしながら作業します
工事となると騒音や駐車、人の出入り等、やはりお客様は気を使われます。
出来る限りそのストレスを軽減できるように、ご近所の方へのご挨拶や声掛けなど近隣の方への配慮は率先して行います。
3職人は人柄の良さも重視して選定しています
職人さんの選定には気を付けています。
腕が良いのは当然ですが、やはり人柄も重視しています。
良い工事するにはチームワークが大事です。
4安心補償に加入しています
作業中の対人・対物事故や引渡し時、万が一の事故に備えてPL保険に加入しています。
5お客様がご用意した設備も取付対応しています
お客様お気に入りの商品やインターネットなどで購入された商品なども取付対応しています。
ただし購入前に現場に適合するかどうか、不足材がないかなど事前確認をさせていただきます。
もちろんご一緒に確認致します。
6ハーフDIYも可能です
道具揃えて全てを自分で用意するのは難しいDIYですが 道具を貸出しし自分でできる事を自分で作業することが可能です。
何をDIYするかにもよりますが、道具のレンタルと指導をしています。

ただし仕上りの状態にこだわらない方が対象です。
自分たちで塗ってコストを抑えたいとか、子どもと一緒に楽しみながら塗るぐらいの気楽なものがハーフDIYです。

弊社のリフォーム・リノベーション工事のアフターケア

工事完了後(1ヶ月・3ヶ月・1年など工事内容によります)、 お電話でその後の調子をお伺いしております。
工事内容によっては、訪問させていただく場合もございます。

日程を調整し訪問させていただき、工事後の具合を見させていただきます。
その場で対応できるものはその場で、専門業者の手が必要だと判断されるような内容は作業をご提案致します。

ページトップへ戻る

リフォーム

間取りの大幅な変更が必要でない場合や築年数が浅い場合の内装変更や設備変更をご検討の方など、構造ではなく見た目の状態を新しくする作業です。

老朽化したものの変更やお金をあまりかけずに雰囲気を変えたい方にオススメです。

ご予算に合わせたご提案を致しますので、お気軽にご相談ください。

リフォーム施工のメリット、デメリット

メリット

短期間で新しい設備に更新出来るなど手っ取り早く作業を終えられます

デメリット

配管をそのまま利用するケースが多いので、特に年数の経った家ですと内装をきれいにした後に元々の配管の方で水漏れが起きるなどのケースも。

リフォーム工事完了までの流れ

問合せ→現地調査→お見積り→ご契約→ご近所挨拶→工事→竣工確認→お引渡し→アフターフォロー

詳細はこちら

お電話はこちら:072-628-7375 メールフォームお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る

リノベーション

工事内容にもよりますが、築年数が30年以上であればリノベーションをオススメします。

耐震補強や配管の更新も含めリノベーションをされたほうが、工事完了後に安心してお住まいになれます
また省エネ化の検討は今後必須であり単純に工事費の高い安いではなく、現在の光熱費がいくら安くなるかも想定して考えたいものですね。 光熱費が節約されますので、数年で工事費を回収される方もいらっしゃいます

ご予算に合わせたコストダウンの方法もご提案致しますので、お気軽にご相談ください。

リノベーション施工のメリット、デメリット

メリット

給排水管などの配管関係を新しく更新する事で、これから先水漏れなどの心配をせず長く暮らしていけます。 その他、耐震補強すれば安心がプラスされる等、メリットは計り知れません

デメリット

大きな変更ですので費用が高額になります。 変更を加えるほど工期が長くなり、仮住まいの必要性も出てきます。 その場合、仮住まい先探しと2回の引っ越し等が必要ですので、面倒と感じられる方もいらっしゃいます。

最近のリノベーションについて

数年前はエコブームによる太陽光発電やオール電化といった施工が多かったのですが、最近は高断熱や高気密といった住宅の省エネ化が特に多くなってきています

また、おしゃれなデザインのデザイナーズリノベーションはわくわくするプランがたくさんあり本当に楽しいです
しかし見た目を重視した為に、基本性能が削ぎ落とされていないかどうかは要注意です。

以前、RC(鉄筋コンクリート)造マンションの最上階で天井を取っ払い、コンクリートに白い塗装で仕上げている部屋がありました。 ですが、結露がひどいんですって。一日中雑巾もって拭いてるって仰ってました。

どんな工事でも基本性能が削ぎ落とされていないかという感覚は持っておいたほうが良いと思います。
住みにくくなっては本末転倒ですから。

木造の家であれば、基本性能(耐震・断熱)重視は当然ですね。

リノベーション工事完了までの流れ

お問い合わせ→現地調査→お見積り→ご契約→ご近所挨拶→工事→竣工確認→お引渡し→アフターフォロー

詳細はこちら

お電話はこちら:072-628-7375 メールフォームお問い合わせはこちら
ページトップへ